会長挨拶

ごあいさつ



《スローガン》 

着眼大局着手小局

 新しい時代の幕開けを変革の年に〜  

《基本方針》

 平成から令和に改元される2019年、新しい時代の幕開けとともに、これからどのような時代になっていくのでしょう?平成という時代の中で成長してきたYEGも時代にあった組織に生まれ変わっていかなければなりません。 人口減少時代の問題が叫ばれて時間が経ちますが、著しいテクノロジーの進歩、価値観の変化の中で我々地方の中小企業経営者は、その環境に適応し、各々の課題に変革を持って解決をして生き残っていかなくてはなりません。また、愛する若狭小浜が直面する課題についても、責任世代の我々が声を上げ、意思決定を行い、自覚を持って自ら行動していく必要があります。
 
 新元号に改元される本年、小浜YEG会長を拝命することは、大変名誉なことであり、また大変身の引き締まる思いでもあります。
 本年度のスローガンは、着眼大局着手小局〜学(まなび)・維(つなぎ)・創(つくりだす) 新しい時代の幕開けを変革の年に〜とさせていただきます。着眼大局とは、大局観つまり時代の流れ、長期的な視点、物事の全体像を俯瞰的にとらえるということであります。着手小局とは、大局観を共有し、その実践はひとつずつ積み重ねていくという意であります。この言葉を一年間の青年部事業活動の幹として、青年部が愛する若狭小浜の成長のエンジンとなる気概で事業を進めてまいりたいと考えます。

スローガンには3つの漢字をキーワードとして挙げさせていただき、一年間の事業の指針としてまいります。

・学(まなび)
 YEGを学びの舎とし積極的に学びを得ていただきたい。YEG活動における研鑽と交流は、すべてが実践的な学びであります。自ら自企業のさらなる発展と維持、メンバー各位の人間性と資質の向上、そして地域愛の醸成につなげていただきたいと考えます。

・維(つなぐ)
  維とは、つなぐ、もちこたえるという意味があります。過去に学び、未来へとつなぐ、人と人とのご縁をつなぐ、会員の拡大を図る、県内外の交流を広げ、人とのご縁を広げていただき、若狭小浜になくてはならない青年経済団体に成長していきたいと考えます。

・創(つくりだす)
 新しく創り上げるという意。変革、イノベーションは、学と維から生じるものであると考えます。新たな発想で自社、青年部活動ともに新しい風を吹き込めるような土台を作る一年にしていきたいと考えます。また、小浜YEGで活動することにより、地域に必要とさせる人財を一人でも多く育成できる土壌を今以上に創っていきたいと考えます。

 本年2019年己亥の年は変革の年であるとも言われています。 10月には県内大野YEGで近畿ブロック大会が開催され、2020年度には、全国大会ふくい鯖江大会が開催される大変重要な準備の年でもあります。また、2023年には、北陸新幹線敦賀(嶺南)開業も控えています。これらを大きなチャンスととらえ、我々青年部メンバーのさらなる成長につなげてまいります。  私自身、これまで青年部で成長させていただいた恩を少しでもお返しできるよう、一年間一生懸命努めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
                                                           以上
                           
                           令和元年度 小浜商工会議所青年部 会長 中野 貴之